栗木台鍼灸接骨院
電話
メニュー
ホーム > ブログ・ホーム > 腰痛 > 脊柱管狭窄症

脊柱管狭窄症

2020年9月1日

脊柱管狭窄症はどんな病気?

脊柱管狭窄症とは脊椎内部の神経の通路である脊柱管が狭くなることにより、神経組織が圧迫されてその周囲や神経の走行によって痛みや痺れ等の症状が出現する病気です。

脊柱管は脳から続く脊髄神経の通り道で、全身に張り巡らされる神経の根のようなものです

脊柱管狭窄症の原因は?

ヘルニアの模型
加齢による骨や靭帯の変性によるものや、すべり症、椎間板ヘルニアといった病気が引き起こす場合があります。

よく椎間板ヘルニアで腰が痛いという話を聞きますが、椎間板ヘルニア自体は痛みを引き起こすものではありません。椎間板ヘルニアとは背骨と背骨の間のクッションのような役割をしている椎間板が、強い衝撃や過負荷など何らかの理由によって外に飛び出した状態をいいます。その飛び出した椎間板が神経を圧迫すると痛みや痺れを引き起こします。

脊柱管狭窄症の症状は?

腰部、臀部、大腿部、下腿部の激痛や痺れ、脱力、冷えによる起居困難、歩行困難などの症状が現れます。

歩くことも辛く、一定時間休んではまた歩くということを繰り返す「間欠性跛行」と呼ばれる症状が特徴です。

脊柱管狭窄症の施術法は?

病院で受けられる一般的な治療では投薬や注射などです。多くの場合「湿布を貼り、痛み止めの薬を飲んで様子を見てください」と言われ帰されます。ですがそんな楽な症状であればそもそも多くの方が悩まされるような病気ではありません。それでも改善が見られなかったり、悪化していく場合は外科手術による治療が勧められます。言わずもがな手術は最終手段です。

鍼灸は脊柱管狭窄症に効果がある?

脊柱管狭窄症には神経根型と馬尾型と呼ばれる2種類の症状があり、鍼灸治療は神経根型の脊柱管狭窄症などの神経の圧迫による難治性の疼痛に著効を示します。

脊椎と脊椎の圧迫を生み出している筋肉の緊張をほぐし、炎症を抑えることで痛みや痺れに改善が見られます。

【症状】 脊柱管狭窄症

voice

腰、おしりの上辺りに痛みがあり整形外科で脊柱管狭窄症と言われ、3ケ月毎日の様にリハビリに通いましたが全く改善がみられず、あきらめていた所こちらの事を知り10日位通いましたが今では随分良くなり床に落ちた物も拾える程良くなってとてもうれしいです。

T・Mさん 70歳 女性

※お客様の感想であり、効果を保障するものではありません。

 


PageTop