HOME > 婦人科系疾患
栗木台鍼灸接骨院
電話
メニュー
head_img_slim

婦人科系疾患


更年期障害

kounenki

女性の身体は年齢と共に変化します、特に30歳を超えるとホルモンバランスの変化により、頭痛、イライラ、肩こり、上半身・顔のほてりなどの様々な症状を感じる方が多いようです。

当院では女性にとって、とても大切なホルモンのバランスを整えるツボへの施術を行い、快適な毎日を過ごせる身体づくりをサポートします。



 

月経困難症(生理痛)について

seiritsu

月経痛(生理痛)の原因と治療について

月経困難症(いわゆる生理痛)は、月経に際して頭痛、腰痛、腹痛(特に下腹部痛)などの症状が発生するものです。

仕事や日常生活に支障をきたすほどの苦痛にさいなまれる場合もあり、痛みだけでなく吐き気、めまい、イライラ、憂うつ、倦怠感などを随伴する場合もあります。

特に原因となる疾患が認められないものは『機能性月経困難症』、子宮内膜症や子宮筋腫など月経痛のベースに何らかの疾患があるものは『器質性月経困難症』と呼ばれ、区別されます。

子宮内膜症は、本来は子宮の内側にしか存在しないはずの子宮内膜組織が、子宮以外の場所(卵巣、腹膜など)で増殖、剥離(はくり)を繰り返す病気です。

『機能性月経困難症』は、婦人科疾患がない(骨盤内に器質性疾患はない)が、月経痛を伴うものです。

10歳代後半から20歳代前半に多くみられます。



 

原因

ホルモンの分泌過剰。冷えやストレスなども関係があり、来院される患者様の多くはこのタイプです。

年齢、出産回数により症状が治まっていく傾向にあります。

『器質性月経困難症』は、30歳以降から多く、月経困難症に直接的な原因となる疾患があるために起き、生理期間以外にも痛みを生じる場合があります。

月経痛に隠れて疾患が進行していますので、月経初日~3日過ぎても痛みが強い、生理期間が過ぎても痛む場合は病院で検査を受けてください。


 

当院の施術について

当院は不妊症・子宝治療に力を入れています。その通院中の患者様で月経痛(生理痛)や月経前症候群:PMSが以前よりも良くなったとの声が多数ありました。

月経痛の症状がひどい場合、お薬を服用しても症状の改善が見られない場合、現在の治療に不安をお持ちの方に特にお勧めしています。

鍼灸治療には痛みを抑制する効果があり、月経痛を改善します。また骨盤内の環境を改善することにより筋腫の縮小等が望めます。


 

患者様の声

【症状】 腰痛・不妊・生理前の下腹部痛

voice

マッサージ、吸い玉、鍼灸を毎回やっていただいています。

月2~4回のペースで通える範囲で通いました。

2ヶ月くらいすると生理前の下腹部痛や腰痛、イライラがほとんどなくなりました。

生理の状態も年齢のためか変わったと思っていたのですが、少し戻ったように思います。引っ越しの為、約半年しか通えませんでしたが効果を実感しています。

39歳 女性


 

よく来院する方のエリア

栗木台鍼灸接骨院には、川崎市麻生区のほか、多摩区、宮前区、東京都稲城市、町田市、多摩市、府中市、調布市、横浜市青葉区、黒川駅、栗平駅、五月台駅、はるひ野駅、永山駅、多摩センター駅、唐木田駅、若葉台駅、新百合ヶ丘駅、百合丘駅、読売ランド前駅、生田駅、柿生駅、鶴川駅からも多数来院されています。

 

お問い合わせについて

電話番号 044-819-5440
お問い合わせをお待ちしております。 →メールでのお問い合わせ


ページトップに戻る